step ahead ~一歩前へ~

舞洲 展開と考察

予選1組(NAOTO氏出場)が9:00スタートのため,7:30に宿舎を出発
会場に8:00過ぎに到着

試走時間が8:30分までなので受付を済ませ,試走へ
(実業団以外の試走が8:30~8:50までだったため,混じって走ってました)


予選

12.6kmと距離が短いため,前々でレースを進めることを確認した

自分の予選は2組
9:25 スタート

行きがけの車の中で驚愕の事実をもりちゃんから知らされました
出走者リストの中にサイクルDさん,神〇さんの名前があると

二人ともバリバリのBR-1戦士ではないですか
なぜ?どうして??
ほかにも猛者が居ることも考えられる
正直な話,予選落ちも覚悟しました

時間になりレーススタート
序盤からハイペースで進む
1組目では逃げる選手が見られたが,この組では逃げる選手は見られない
それは自分ともりちゃんが散発的にアタックを仕掛けるから・・・

5周過ぎたあたりで,サイクルDさん,もりちゃん,自分の三人で
逃げが決まりかけたが,ローテーションがうまくいかず
集団に吸収されてしまいました

鐘が鳴る

ゴールラインを通過し,1コーナーに向かって加速
自分は集団の中段に居たため,前方に駆け上がる
バックストレート,残り400mでサイクルDさんがアタック
スーッと後方と差が開く
自分は5番手当たり
3コーナー,最終コーナーを立ち上がりゴールスプリントへ
後方からの追い上げもあり,何とか8位で決勝へこまを進めた

決勝

15:15 スタート
26km 30周回

予選からかなり時間があくため,昼寝をし,昼食をとり決勝に備える
気温が高かったため,日差しが暑く感じられ,車の陰で昼寝をしてました
ESの某平地の貴公子に自転車のタイヤで頭を轢かれたり,腰をはねられたりしましたが・・・

定刻どおりにレーススタート

チームサイクルプラスの選手が多い・・・
サイクルプラス祭り

序盤は淡々とレースが進む
レースが動いたのは16周目
15周目バックストレートから自分が加速し,
誰かついてこないかと揺さぶりをかけた
今思えばこれが勝負の分かれ目でした
ホームストレートの戻ってきて,集団に戻っているときでした

16周目に入ってスタートラインを越えたあたりで,
3名の逃げ(神〇さん,トレックマルコポーロの選手,あと誰か?)が決まる
サイクルDさんのところで中切れが起きている・・・

バックストレート,慌てて追いかけるが,向かい風,おまけに上り坂・・・
3人は力のある選手ばかり
追っても追っても差は開く一方
追走はことごとくサイクルDさんによってつぶされる・・・

残り3周逃げ集団とメイン集団の差が20秒ほど
集団は活性化しない
逃げは決定的

最終ラップ
集団の前方に位置し,ゴールスプリントに備える
第3コーナー 外側の選手がラインをかぶせてくる
内側にも選手がいて行き場が無い
ハスってしまった
そのままアウト側に飛び出す
落車は免れたものの大きく番手を下げ,失速
ゴールに向かい再加速するが伸びず
そのままゴール


良かった点
前々でレースを展開できた
転倒しなかった

悪かった点
動きすぎ
動くにしては力が無さ過ぎる
瞬間的な加速力が不足
スポンサーサイト
  1. 2009/04/20(月) 12:46:21|
  2. レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3